株式会社アイノア

「日本の色彩美」

海に囲まれる日本は、北からも南からも異なった季節風の影響を受ける地理的位置にある。ゆえに季節の彩りが顕著になるのである。

冬はシベリア寒気団から吹き出す北西季節風によって、日本海側は豪雪と化す。原因は、日本海を北上する対馬暖流から立ち上る水蒸気だ。逆に夏には太平洋気団に覆われて、列島全体は湿気の多い猛暑に見舞われる。

ただ、この冬と夏の間には春と秋がある。春は移動性高気圧が列島を通過し、爽やかな気候をもたらすが、夏前にはオホーツク気団から吹き出す寒冷な北東気流と太平洋からの暖気がせめぎあってじめじめした梅雨になる。この雨が日本の植生を豊かにし、自然を多彩にする最大要因でもある。 また春と対極にあるのが秋である。夏の蒸し暑さが去ると台風が来襲し、秋の長雨による豪雨が発生する。が後には移動性高気圧がやってきて徐々に気温が下がり、自然の彩りは冬へ向かう仕度を整えてゆく。

このように多彩な季節の変化が日本の風土を作り出してきたのだが、それは湿潤な気候が全てに影響を与えてきた。そして日本独特の色彩を生み、文化を生じさせたのである。

一覧に戻る